栽培方法 トップページへ

 ウチョウランに限らず植物の栽培については、お住まいの地域の違いや気候条件、作場状況など様々な要因の違いがあるので、なかなか画一的に紹介することはできません。
 ウチョウランの栽培管理で最も重要なことは、様々な愛好家やプロの栽培場を見たり、栽培の秘訣を聞いたりしながら、自分の作場に適している栽培方法を早く見つけて実践することです。

植え付け例

用土の種類
 鹿沼土粗め細粒30%
 鹿沼土小粒20%
 ベラボンS17%
 粉砕ヤマゴケ15%
 粉砕ミズゴケ7%
 バーミキュライト7%
 燻炭4%
 化粧砂は富士砂小粒

図
年間の栽培暦(群馬県中之条町での環境)
栽培暦図

置き場所
 芽出し期より50%遮光。夏期はさらにラブシート(カーテン)で、二重の遮光をする。
肥料の種類
 液肥N15-P30-K15。花前に1000倍くらいを3回。花後にIB化成を7.5cmポットで2粒を目安に鉢縁近くに与える。
灌水
 芽出しより秋まで頭上散水。梅雨明けより8月下旬までは15日に1度ほど。それ以外は週1度くらいを目安にたっぷりと与える。
病害虫対策
1 芽出し期にオルトラン粒剤(殺虫剤)、リゾレックス(殺菌剤)
2 カンタス(殺菌剤)、ディプテレックス(殺虫剤)
3 ベンレート(殺菌剤)、スミチオン(殺虫剤)
その他の注意点
 冬期は球根に水分を与えず、凍結・融解を繰り返さない場所で管理する。
栃の葉書房「ベストウチョウラン」より)
ページのトップへ
Copyright(C) 2010 wakabaen.